レシート現金化アプリONEの仕組み&危険性!口コミ評判も

レシート現金化アプリONEの仕組み&危険性!口コミ評判も

生活していると色々な買い物をしますよね。

何かと買う必要があるので、気づけばレシートが財布にたくさん入っていることも。

ONEはそんなレシートを有効活用できるアプリ。

どんな風に活用できるのか、仕組みや利用の流れ、メリットデメリット、口コミを紹介していきます。

レシート買取アプリ「ONE」

目次

レシート買取ONEの仕組み

レシート買取ONEは、不要なレシートを買い取ってくれるアプリです。

買い物したレシートは利用者にとっては不要ではあっても、商品を販売しているような企業にとってはお宝。

アプリを使ってレシートを売却し、アプリ会社は必要としている企業にレシート情報を売却していきます。

つまりONEは買い物をした消費者と、企業の間を仲介してくれるアプリ。

企業にとっては「どんな買い物をしたのか」ということが分かるため、買い取る価値があるのです。

アプリを使って売却できるので、郵送する必要もありません。

2ヵ月以内のレシートなら、1~10円で買い取ってもらうことができます。

レシート買取アプリ「ONE」

レシート買取アプリ「ONE」の危険性はないのか?

個人が特定される危険性がある

まずこのアプリを使用するには利用前に個人情報の提出をしないといけないというのがあって利用は十分注意しないといけないです。

もちろん、運営側は提出された個人情報が漏洩しないように管理すると思います。

ですが、絶対に漏洩しないということはないです。

これによって個人情報とレシートの買い物情報が一緒に漏れてしまってたくさんの人に誰が何を買ったかを知られることも考えられます。

そのようなリスクがあることも分かった上で利用しないといけないです。

不正利用と判断される危険性

このアプリを使ってレシートを売った時には少なから不正利用と判断される危険性もあります。
それはどういう場合かというと、自分で購入したものではないレシートを売ってしまった時などです。

中には本当に間違ってしまって自分で購入したものではないレシートを買い取ってもらおうとしてしまうこともあり得ます。
ですが、うっかり間違えて送った場合でも不正の扱いになるのでそこは十分気を付ける必要があります。

アカウント凍結の危険がある

レシート買取アプリONEというアプリを使ってレシートを買い取ってもらう時に不正利用と判断されると
アカウントが凍結されてしまい、それまで貯めていたお金もすべてなくなってしまいます。

もちろんアカウント凍結されるにはそれなりのことをしたということですので、仕方ない面もあります。
ただ、思わに形でアカウント凍結もあり得るので注意が必要です。

慣れれば簡単!ONEの使い方と手順5ステップ

①アプリをダウンロードする

まずはアプリをダウンロードしていきます。

画面に出てきた「はじめる」をタップし、そのまま進んでいきましょう。

電話番号の認証をし、SNS認証も済ませていきます。

②自分の口座を入力する

登録が終わったら、次に自分の口座を入力していきます。

ホーム画面から「新しい口座を登録する」をタップし、口座番号などを入力していきましょう。

③レシート買取作業を行う

ホーム画面に戻り、買取作業を行っていきます。

「買取」をタップして注意事項を読んで進んでいくと、そのままスマホのカメラが起動します。

買い取ってもらいたいレシートをスマホで撮影していきましょう。

④買取金額を確認する

写真を撮影するとレシートの買取価格が表示されます。

そのまま買い取ってもらうのであれば「お金と交換する」をタップし、売却していきます。

④お金を引き出す

お金を引き出すときは、ホーム画面の「引き出す」をタップします。

登録した口座に振り込まれるので確認するようにしましょう。

ユーザーが増えている理由!ONEのメリット3選

登録から撮影までめちゃめちゃ簡単

ONEの使い方は非常にシンプルなので誰でも使うことができます。

インストールをしてお金を振り込んでもらう口座を入力、そしてスマホカメラで撮影して買い取ってもらうだけ。

買取金額もすぐに表示されるので分かりやすいです。

初回は戸惑うかもしれませんが、アプリ自体がシンプルなので見やすいですよ。

処分していたレシートを有効活用できる

ほとんどの人は受け取ったレシートをそのまま捨てています。

処分するだけだったものがお金になるので、単純にお得。

利用者にとってはゴミがお金になるようなものですし、有効活用することができます。

その他アンケートの回答で稼ぐことも出来る

ONEはレシートの買取をするだけではなく、アンケート回答をして稼ぐこともできます。

アンケートもレシートと同じで企業向け。

1件につき30~100円ほど受け取ることができるので、時間があるときに答えて稼ぐこともできます。

注意点もある!ONEのデメリット3選

1日5枚という制限

レシートは好きなだけ何枚でも売れるというわけではないので、現在あるレシートをまとめて取引することはできません。

1日に5枚が上限となっているので、最高でも1日50円となっています。

買い物をする日もあればしない日もあるので、上限がきたら次の日に回すようにしましょう。

「どんなレシートなら高価格で買い取りをしてもらえるのか」という点が不明

レシートは1枚につき1~10円で買い取ってくれます。

1日の上限枚数もあるのでせっかくなら高く売れるレシートを送りたいですが、買取価格の詳細は不明となっています。

査定内容が不明なので、手持ちレシートが多いと厳選しにくさがあります。

出金手数料はすごく安いとは言い切れない

お金として引き出すのであれば、1回につき手数料が300円かかります。

以前は200円でしたが現在は300円。

レシートの買取価格は安いので、ある程度貯めてから引き出すようにしましょう。

良いものも悪いものも紹介!実際にONEを利用した人の口コミ

良い口コミ

1枚たった1円でも塵もつれば山となるしどうせ捨てていたものだからお得

キャンペーンやレシートミッションなどがあり、ごくたまに高額で買い取ってもらえることもある

入金がスムーズだし現金だけじゃなくてチケットにも交換できる

悪い口コミ

基本的に1枚1円で、10円なんて見たことないので期待しない方がいい

キャンペーンを利用すると対応にならないことがあり、期限内のはずなのに期限切れと表示されてしまう

画像の読み取り精度が良くなく、認証されたはずなのに後で自動的にキャンセルになっていることがある

捨てる物だからお得という意見もある一方、ほとんど1円で10円の価格は一度も見たことがないから不満と言う声も。

キャンペーンは好評ですが、まだ新しいアプリなので問題点もあるようですね。

現金だけではなくチケット交換もできるので、何に交換できるのか確認しておきましょう。

どうせ捨てるならONEでレシートを売ろう

レシート買取アプリONEを使えば簡単に不要なレシートを買い取ってもらってお小遣い稼ぎはできます。

ONEの使い方は簡単ですし、レシート買取の仕方はすぐに覚えることができます。高くても1枚10円なので金額に不満がある人もいますが、そもそも捨てるだけの物。

ただ、これを使うことで個人情報の漏洩のリスクもありさらにレシートの買取上限もあり思ったほど稼げないと感じる人もいるはずなので、個人情報の漏洩のリスクを抱えてまでこれを使う価値があるかは人によって違いがあると思います。

コツコツと買い取ってもらえばお金が貯まるので、アンケート回答などもしつつ稼ぐようにしましょう。

以上、レシート現金化アプリONEの仕組み&危険性!口コミ評判も でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

編集者のミオです。金融業界で10年以上の経験を持ち、カード現金化の裏側を知り尽くす。カード現金化のメリット・デメリット、注意点、業者の選び方など、カード現金化に関する最新情報をわかりやすく解説しています。読者が安心してカード現金化を利用できるよう、正しい情報を提供することを心がけている。

目次