クレジットカードの現金化業者にセキュリティーコードを教えて大丈夫?

クレジットカードの現金化業者にセキュリティーコードを教えて大丈夫?

クレジットカードの現金化業者を利用するときに、カードの裏面に記載されているセキュリティーコードを聞かれることがあります。

このセキュリティーコードは答えなければいけないのでしょうか。

この記事ではクレジットカードの現金化とクレジットカードのセキュリティーコードについて解説していきます。

目次

クレジットカード現金化業者の利用時に必要な情報

そもそもクレジットカードの現金化業者を利用するときには何が必要になるのでしょうか。

これまでいろいろなクレジットカード現金化業者を利用してきた経験から、ほとんどの業者で以下の3つが必要になります。

  • カード番号
  • カード名義
  • 有効期限

クレジットカードの情報はどうやって渡せばいいの?

これらの情報の提出方法は、クレジットカードの番号を写メで撮って送る方法が一般的です。

時々メールやLINEなどで送信するように求めてくる業者もいますね。

メールで送るときには間違った番号を記載しないように注意しましょう。

多くの場合間違った番号を掲載してしまうとそこで手続きがストップしますが、万が一間違えた番号を誰かが使っていた場合には手続きがそのまま進んでしまう可能性があります。

そうなると全く関係ない人に迷惑がかかることになるので、カードの番号の間違い送りは絶対に避けて下さい。

クレジットカード現金化業者へカード番号を教えないといけない理由

クレジットカード番号を教えないといけない理由は次の2つです。

現金化業者にクレジットカード決済の手続きをしてもらうために必要になる

さてクレジットカード現金化業者はどのようなスキームで現金化を行っているのでしょうか。

まずあなたのクレジットカードで商品を購入して、その分キャッシュバックや買取額を振り込んでもらうようになっていますね。

そのとき、商品を購入決済するために業者へカード番号を渡す必要があるのです。

ちょっと前まで決済フォームを送ってもらってそこからこちらでカード決済する、というパターンの業者もありました。

しかし最近ではそう言ったやり方はほとんどみなくなりましたね。

クレジットカード名義が申し込んできた人のものであるかをチェックするために必要

クレジットカード現金化業者がカードの番号の提出を求めるのは主に次のような理由があります。

それはクレジットカードの名義が本人のものかどうかをしっかりと確認するためです。

クレジットカードを持っている方はわかると思いますが、カードの前面にはカード番号の下にカード名義人の名前がアルファベットで刻字されていますね。

あなたのクレジットカードであればあなたの名前が刻印されていることでしょう。

クレジットカード現金化業者は一緒に提出させた身分証明書と照らし合わせ、他人のクレジットカードでないかどうかを厳しくチェックしています。

というのもクレジットカード現金化業者は、盗難カード、偽造カード、他人名義のカードの無断使用などの不正使用を非常に警戒しています。

万が一そういったことに引っかかってしまえば大きなトラブルになることが目に見えているからです。

そしてそんなトラブルを避けるために厳重にカード所有者と申込者が同一人物であるかをチェックしているのです。

もし他人名義のクレジットカードを現金化してしまった場合どうなるのでしょうか?
きっと本当のカードの持ち主から訴えられることになると思いますが、そうなると現金化業者は返金をしなくてはなりません。

このようなトラブルを避けるためクレジットカード現金化業者はカード名義を厳重にチェックしています。

クレジットカード現金化業者に裏面のセキュリティコードを渡す必要って本当にある?

クレジットカードの現金化業者を利用するときにカード番号や名義人が絶対に必要になる事はよくわかりましたね。しかしセキュリティーコードを一緒に渡す必要はあるのでしょうか。

実はこれはあなたが利用しようとしているクレジットカード現金化業者によってそれぞれ異なる対応をとっています。

今でもセキュリティーコードの提出を求めない業者はたくさんあります。

セキュリティコードは偽造カード対策の一つとされていて、これを入力することでカードの不正利用を防げることができると考えられています。

そのためより慎重な業者は、セキュリティーコードの入力を求めてくると言うわけです。

セキュリティーコードを提出するのが嫌ならここをねらえ!セキュリティコードの提出が不要な業者一覧

それではセキュリティーコードの提出を行わなくて良い業者を紹介したいと思います。

現時点でセキュリティーコードの提出が必要ないことが確認できている現金化業者は以下の3つです。

  • プライムウォレット
  • スピードペイ
  • キャッシュテイク

上記の3社は、通常のお買い物と同じように、利用者側が金額・購入商品を確認して自分でカード情報を入力して決済する仕組みとなっているため、セキュリティコードを教える必要はありませんでした。

信用できるクレジットカード現金化業者であればセキュリティーコードを送ったからといって悪用される事はありませんが、セキュリティーコードを送るのがどうしても気持ちが悪いと言う場合にはこの3つの業者を選んでおけば間違いないでしょう。

【2024年最新】クレジットカード現金化できる優良業者おすすめランキング比較一覧表

もし現金化業者から「クレジットカードの裏面の写真が必須」と言われたらどうすればいい?

さて、利用しようと思っているクレジットカード現金化業者にクレジットカードの裏面の写真を送るように言われたらどうするのでしょうか。

基本的には業者の言うことを聞かなければいけないので、どうしてもその業者で現金化したいのであればセキュリティコードを渡すしかありません。

業者が裏面の写真を送るように求めてくるのには2つの理由があります。

  • カード決済のためにセキュリティコードが必要
  • 裏面のサインを確認するため

クレジットカードは裏面の際に直筆のサインをしていることが求められますね。

このサインを確認したいがために裏面を写真で撮って送ってくれと言う業者も少なくないようです。

もしサインを確認したいだけなら、セキュリティーコードの部分を隠して送ればいいわけです。

現金化業者にセキュリティコードを教えて悪用されるリスクはない?

さてセキュリティーコードを教えることで何か悪用される心配は無いのでしょうか。

結論から先に言えば、セキュリティーコードを送っても全く問題はありません。

よくわからない怪しい業者の場合は何とも言えませんが、みんなが知っているような大きくて有名な業者を利用していれば問題ありません。

これまでセキュリティーコードを送信して悪用されたという事例はただの一見もありません。

クレジットカード現金化業者はたくさんありますし、もしそんなことをしたらすぐにばれて営業ができなくなってしまいます。

そんなリスクを犯してまでセキュリティーコードを悪用しようとは思わないでしょう。

ただし、他に情報が漏れた場合は悪用されるリスクがあるということは認識しておく必要があります。

失敗しないためには安心できる業者を探すことが何よりも大切です。

セキュリティーコードを渡したから心配と言うのではなく、「情報を渡した相手が信用できるかどうか」をチェックしましょう。

マジ危険!悪徳現金化業者の罠や詐欺手口と危険な悪徳業者を見抜く方法まとめ

クレジットカード現金化業者をするときは業者選びが何より大切

この記事ではクレジットカード現金化業者を利用するときにはセキュリティーコードを送るべきなのかどうかについて解説してきました。

クレジットカード現金化業者によって異なりますが、中にはセキュリティーコードを必要としない業者もありますから、どうしても嫌だと言う人はそういった業者を利用すると良いでしょう。

しかし大手で老舗のクレジットカード現金化業者であれば、セキュリティーコードを送ったからといってトラブルになる事は一切ありません。

クレジットカード現金化業者を利用する場合は、「どの情報を送るか」と言うよりも「どの業者を利用するか」が何よりも大切なんです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

編集者のミオです。金融業界で10年以上の経験を持ち、カード現金化の裏側を知り尽くす。カード現金化のメリット・デメリット、注意点、業者の選び方など、カード現金化に関する最新情報をわかりやすく解説しています。読者が安心してカード現金化を利用できるよう、正しい情報を提供することを心がけている。

目次