クレジットカード現金化の仕組み!申込から振込までの流れ

クレジットカード現金化の仕組み&利用の流れ!違法性や危険

クレジットカード現金化が初めての人はなんだか難しそうだとイメージするかもしれませんが、クレジットカード現金化の仕組みを理解すればそこまで複雑なことではないとわかるはずです。

この記事では、クレジットカードを現金化する仕組みと現金化するまでの流れについてわかりやすく説明します。

目次

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、その商品をすぐに売却し現金を手にすることです。

クレジットカードのショッピング枠は商品やサービスの購入の目的で利用するものでありますが、現金化目的での利用はカード会社の規約に反する行為です。

買取方式で現金化する仕組みと流れ

ショッピング枠で商品を購入後、すぐに買取業者に買い取ってもらう方法です。買取業者は、ブランド品や金券、新幹線の切符など、換金性が高い商品を指定するのが一般的です。

例えば、10万円のショッピング枠があるクレジットカードで、ブランド品を10万円で購入した場合、買取業者に買い取ってもらうことで、現金で10万円を受け取ることができます。ただし、買取業者は、商品の購入金額の15%程度の手数料を徴収するのが一般的です。

 キャッシュバック方式で現金化する仕組みと流れ

ショッピング枠で商品を購入した際に、購入金額の一部をキャッシュバックするサービスを利用する方法です。キャッシュバック率は業者によって異なりますが、一般的には20%前後です。

例えば、10万円のショッピング枠があるクレジットカードで、10万円の商品を購入した場合、キャッシュバック率20%の業者を利用すると、2万円のキャッシュバックを受けることができます。ただし、キャッシュバックを受けるためには、商品の購入金額を支払う必要があります。

現金化業者の「キャッシュバック式」と「買取式」の違いについて詳しく解説しています。

クレジットカード現金化業者を利用するときに必要なもの

クレジットカード現金化業者を初めて利用する人は、以下のものを準備しておくとよいでしょう。

  • クレジットカード

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る行為です。そのため、クレジットカードを準備しておく必要があります。

  • 本人確認書類

業者から指定された本人確認書類を準備しておく必要があります。本人確認書類には、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどがあります。

  • 銀行口座

現金を受け取る銀行口座を準備しておく必要があります。

  • メールアドレス

業者から連絡を受けるため、メールアドレスを準備しておく必要があります。

クレジットカード現金化業者を初めて利用する場合は、これらの準備をしておくと、スムーズに現金化手続きを進めることができます。

クレジットカード現金化に本人確認は不要?必要な書類や身分証ありなしを調査

クレジットカード現金化の申込からから振込みまでの手順

優良店でクレジットカード現金化する流れ

クレジットカード現金化の流れについて解説します。

優良店でクレジットカードを現金化するには、まず必要書類を準備します。

次の5つを用意しておけばまず手続きが滞ることはありません。

  • 本人名義のクレジットカード
  • ショッピング枠の残高
  • 免許証などの本人確認書類
  • 顔の横に本人確認書類を持った自分の姿の写真
  • 振込口座番号

それでは現金化の流れについて解説していきます。

STEP
申し込み

申し込みは電話かウェブサイトから行えますが、ウェブ申し込みのほうが素早く手続きが進みます。

申し込みフォームに必要事項を入力して送信します。

ここでは、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報の他に、利用回数、利用金額、クレジットカードの種類なども入力することになります。

STEP
本人確認と電話確認

ウェブ申し込みをすると営業時間内に業者から連絡があります。

初めて利用する場合には、必ずスタッフが電話で「本人確認」と「利用案内」の説明があります。

自分を撮影したセルフィーで行われることが多く、電話での確認もあります。

利用内容の確認をした後、振り込みまでの時間や、振り込まれる金額が提示されるので、納得してから正式に依頼をします。

クレジットカード現金化は本人確認しないとできない?身分証明書などの必要書類とは
STEP
商品選び、クレジットカード決済

利用金額に応じて、購入する商品を選び、スタッフの指示に従い、オンラインでクレジットカード決済で購入します。

STEP
現金の振込み、入金を確認

クレジットカード決済が完了し確認がとれ次第、指定した金融機関の口座に現金が振り込まれます。

振込完了のメールが来たら、口座に入金されているかを確認します。

金融機関によっては翌営業日の反映となりリアルタイムで入金が確認できないことがあります。

STEP
カード会社へ返済

通常のクレジットカードのショッピングと同様に、支払い日に利用料金の請求があります。

利用した分の金額を引き落とし口座に入れておくことを忘れないようにしてください。

クレジットカード現金化業者を利用する際の注意点

優良店でも後悔する!?クレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化優良店を利用する場合でも注意する点が3つあります。

24時間営業の注意

クレジットカード現金化業者は、24時間申込OKと宣伝しているところが多いです。

しかし、それはメールの受付を24時間していて、対応や手続きは営業時間内のみ、という業者が実際には多いです。

本当に24時間対応してくれて振込も可能な業者は、公式サイトのトップページや会社概要のページに24時間営業であることを記載しているので、確認してから利用しましょう。

24時間営業・夜間でもクレジットカード現金化できるサイト

換金率の注意

換金率がいくら高くても、業者側が設定した手数料や購入した商品の送料などがかかり、受け取ることができる金額が思っていたよりだいぶ少ない、というパターンもよくあります。

見積もりを依頼したり、説明を受ける際に最終的な振込金額がいくらになるのかを必ず確認してください。

クレジットカード現金化の換金率とは!還元率の相場

商品が届けられる場合は家族バレに注意

現金化業者での手続きは、業者が指定するサイトでオンラインショッピングし、クレジットカードで決済した商品を購入する必要があります。

特に、キャッシュバックで現金が振り込まれる方式を選んだ場合には、商品が届けられることで取り引きが成立するため、受け取りを拒否できません。

同居人がいる住所を届け先にした場合には、何を買ったのか怪しまれて現金化バレしてしまう可能性がありますのでくれぐれも注意してください。

後々の支払いを考慮して現金化すること

当然ですが、クレジットカードを使った分は、後日カード会社が指定する日に口座から引き落とされます。

ピンチを凌ぐためでも、後々のことを考えずに現金化してしまうと、支払いの段階になって困ったことになるので、無計画な利用は避けましょう。

どうしても難しい場合は、分割払いなど、一括以外の支払い方法を選択できます。

高額現金化を行う場合には検討してみてください。

利用しすぎないこと

クレジットカード現金化は非常に便利ですが、通常のクレジットカード利用と同様に後日返済をしなければなりません。

ショッピング枠の範囲内で使えるからといって、限界近くまで利用してしまうと返済ができなくなってしまいます。

あくまで、困った時の最終手段として考え、使いすぎないように気をつけてください。

クレジットカード現金化で後悔した体験談!その原因と後悔しないためのポイント

クレジットカード現金化の仕組みまとめ

このように、クレジットカード現金化の仕組みについて解説しました。

クレジットカード現金化を利用することは違法ではありませんが、カード会社が定める利用規約に違反する行為です。

また、カード会社から後日請求が来た時に慌てないように、給料が入ったりしたらちゃんと引き落とし口座に入れておくことを忘れないようにしましょう。

以上、クレジットカード現金化の仕組み!申込から振込までの流れ でした。

この記事を書いた人

編集者のミオです。金融業界で10年以上の経験を持ち、カード現金化の裏側を知り尽くす。カード現金化のメリット・デメリット、注意点、業者の選び方など、カード現金化に関する最新情報をわかりやすく解説しています。読者が安心してカード現金化を利用できるよう、正しい情報を提供することを心がけている。

目次